ストレスは溜め込むと危険|原因について知ろう

レディー

現代病の元となるもの

医療

甘く考えてはいけないもの

ストレスには自然災害から与えられる脅威から起こるものや、日常的な対人関係からのもつれで起こるものなどその種類とストレス度の範囲はさまざまです。現代社会で多いといわれているのは家庭環境から与えられるものや職場からなどの人間関係によって葛藤が起こるものが多いといわれています。そのストレスは自分で何とか発散することができる程度であれば問題なく過ごしていくことができるかもしれませんが、溜め込んでしまったりショックが大きすぎてしまった場合は心身にも影響が出てくることがあり、精神の病につながってしまう可能性もあるため気をつけなければなりません。ストレスを与えられてしまうことで発症する病気の種類といえば、最近よく知られてくるようになったうつ病は、現代病ともよばれるほど症状に悩まされている人の数は増えてきており、精神科や心療内科のほかカウンセリングを受ける人も多くなってきています。そのほかにも精神疾患、痴呆症、そして免疫力が低下してしまうことからインフルエンザなどのようなウイルス性の病気にもかかりやすくなりますし風邪も引き起こしやすい体となることもあります。精神的にもノイローゼとなってしまったり、そこからアルコールやギャンブルなどのような何らかの中毒を引き起こしてしまうこともあります。このようにストレスというものは甘く考えることはよくありません。自分の心の中に溜め込んでしまうことで病気を呼び寄せてしまうようになり、仕事だけならず生活にも支障をきたしてしまうこともあるため注意が必要です。

原因と病気につながる特徴

ストレスは内因性と外因性との2種類があります。外因性はよく知られているもので、先ほども述べたように人間関係から与えられたり自然災害などのようなショックを与えられたりすることで現れてくるものです。そしてもう1つの内因性はどういうものかといいますと、遺伝子の関係から現れてきたり性格から発症したりするものなどがあります。最近よく伝えられてくるようになってきた統合失調症は神経性伝達物質の異常から発症する病気なのではないかと考えられてきていますが、その原因はいまだはっきりとされておらず研究が進められています。神経性伝達物質という者はドーパミンやセロトニンなどのことで、これから不足したり増えすぎてしまうことで精神的にも身体的にも悪い影響が出てくるものなのです。よくうつ病患者の多くにセロトニンが不足しているということがあり、精神科や心療内科で処方してもらう薬にセロトニンを増やしていくものが渡されることがよくあります。そしてストレスの溜め込み方は人それぞれ違うもので、よく人に気を使う人やがんばりすぎる人などが精神的な病を引き起こしやすいといわれていたりします。しかしそのような人がストレスを溜め込みやすいといえばそうではなく、もし家庭環境で甘やかされて育ったり何でもほしいものを与えられて育ったりした人は、いきなり厳しい社会に参加して耐え切れなくなりストレス性の心身症やうつ病を発症してしまうケースも多くなってきていますし、突然家族など大事な人を失うことでストレス性ショックから病気になる人も存在します。

体に与える負担の影響

疲労

ストレスが体に与えてしまう影響は、体や心に不調をあらわしてくるようになります。ストレスの受け止め方によって個人差はありますが、典型的な症状は1人で治していくことは難しいです。そのため、専門的な治療で改善していくようにし、その間はストレスを極力受けないことが大切です。

Read More...

慢性的なだるさへの対処

カウンセリング

精神病は目に見えない病気であるため、病気になる過程がわかりにくく改善もしにくい場合があります。しかし事前に病気の特徴を知ることで改善や予防をする事も可能です。ここでは治療が必要な慢性的ストレスへの対処方法について簡単に解説しています。

Read More...

現代社会を上手く生き抜く

頭を抑える女性

頻繁にストレスを感じる機会はあります。一時的なのか深刻なのかを知る為に自分の状態に気を付けておく事は大事です。またストレスに負けない心身を作る事も大切です。軽めの運動や音楽が有効です。心と身体と環境を合わせて考える心療内科に行くのも良いです。今後ストレス解消のアイテムや病院の需要は高まるでしょう。

Read More...