ストレスは溜め込むと危険|原因について知ろう

ウーマン

体に与える負担の影響

疲労

具体的な症状と対策

ストレスとは、肉体や精神に負担がかかることであらわれる症状です。現代人にはつきものと言われるぐらい問題視されていることもあり、ストレスをなるべく受けないようにしなければいけません。このストレスによって起こる具体的な症状には、不眠や頭痛、マイナスな思考などが挙げられます。不眠の症状を抱えている人はとても多く、その割合は5人に1人となっています。頭痛はその症状の種類にもよりますが、半数近くがストレスから来ている状況です。このような頭痛がある人は癖になってしまうことも多く、定期的に症状が出てしまうのが特徴です。そして、マイナスな思考もよくある症状で、主にうつ病患者に目立ちます。うつ病はその思考が否定的なものとなり、その対象が自分に向かうことも珍しくはありません。このような思考は周りに促されてもすぐに治るようなことも難しく、専門的な介入が必要となってきます。こういった症状は放っておいたらいつまでも続いてしまうので、本人にとってはよくありません。そのため、専門的な治療をしてくれる精神科や心療内科を受診していくことで、本格的な治療を受けていくことができます。この治療で症状をできるだけ抑えていくことができるので、何もしないよりかはプラスになることはとても大きいです。投薬やカウンセリングで症状を和らげていき、あせらず患者のペースに合わせて行ってくれます。また、この治療で大事なことは、ストレスを極力避けていくことです。つまり、ストレスとなっている環境や人がいた場合、それを避けた生活を送ることで治療にも影響してくるのです。これは病院からも治療の始めに指導されるので、できるだけ行っていくことで改善に近づいていけます。

原因から起こる体の反応

強い負担が体に与えてしまう影響は、血流低下や自律神経の乱れ、そして脳の神経伝達物質の働きにも及んでしまいます。ストレスは、それほど体の正常な作用を乱してしまう影響があるのです。まず血流低下ですが、これは血液中に動脈硬化が起きてしまうので、血液が流れにくくなってしまいます。血圧などがこれに関係してくるため、このような状態は必ずしも生活習慣が100%影響している訳でもありません。そして、自律神経の乱れは、些細なことでも交感神経と副交感神経が敏感に反応してしまいます。人によって差は出ますが、この働きが乱れることで興奮状態やリラックスした状態が入り乱れるので、不眠につながってしまうこともあるのです。また、脳の神経伝達物資は、感情をつかさどる成分をバランスよく分泌することで心理面が正常に保たれます。しかし、これもストレスの影響で働きが乱れてしまうので、分泌が多すぎたり少なすぎたりして症状が起こるようになります。これが要するにマイナス的な思考を起こしてしまうので、このような症状には投薬が効果的です。薬の働きで神経伝達物質を正常にコントロールしていくので、症状を抑えていくことができるのです。こうした症状のあらわれや効果から、ストレスは決して軽く見てはいけません。少しでも感じるようであればストレス解消を意識していくようにし、不快な症状を発症させないことがストレス回避の対策です。そして専門的な治療に頼っていくことで心強い味方にもなってくれるので、1人で抱え込まないようにすることです。