ストレスは溜め込むと危険|原因について知ろう

ウーマン

慢性的なだるさへの対処

カウンセリング

精神不具合からの不調

ストレスが慢性的な物になると、次第に身体の不具合が様々な場面で現れるようになります。強いストレスから感じられる身体不具合の例としては、便秘や下痢、消化不良、胃痛、日中に眠気が何度もさす、夜に活動的になるなどといったケースがあります。この様な慢性的なストレスによる不具合が生じると、精神科において治療が必要になる場合もあるのです。これらの症状は一見すると誰にでもありそうな症状でもあるため、周囲に不調について相談をしても治療が必要な病気であるとは気がつかない場合も少なくはありません。上記の不調は内科的な原因によるものもありますが、さらにその内科的な原因を紐解いて追求してゆくと精神的な不具合に行き当たる場合も少なくはないと言われています。そのため内科において治療していた患者さんが精神科における治療も併せて必要になる場合というのは珍しくはないのです。逆に、精神科や心療内科において治療を必要としている患者さんの多くは内科による治療が必要な場合も多いという事が言えます。また、診療や治療をしていた病気の原因が内科的な要因である場合もあり、それぞれお互い相互関係があります。精神病は自分の感覚だけから原因が作られるだけではなく、自分の周囲を取り巻く環境からも作られている要因でもあると言えます。メンタル面において不安定を感じたときには、普段の生活環境を見直してみる事が大切なポイントのひとつであると言えるでしょう。併せてストレスを適度に発散させて、精神面においても身体面においても毎日の健康的な生活を維持するための工夫を普段から講じておくことが精神病予防には大変効果的です。

辛いときは医師に相談

慢性的な倦怠感や体調の不具合を感じて仕事がはかどらないとか、普段の生活が辛いと感じるようならなるべく早めに医師に相談をする事も大切です。精神病は目に見えない症状が主な原因となっている場合も少なくないため、一般的な人は自分が病気ではないかもしれないと思い込んでしまいます。この診断のタイミングが遅れてしまったり、タイミングのずれによって病気が重くなってしまうこともなるのです。しかし、一般の人にとっては診療のために必要なタイミングを正確に見極める事はとても難しく、目に見えない症状でもある事からわかりずらいという事情もあって、こうしたトラブルが引き起こされやすい原因となってしまっている場合も少なくないのです。診断の時期が遅れると、もしうつ病や他の精神病であった場合に当然治療を始める期間が遅れてしまいます。それによって改善をするための治療期間も多く必要になるケースも少なくないと考えられます。事前に強いストレスを感じている場合や、身体的な不具合からよく眠れない、耳鳴りがするなどという不調が起こっている場合にはできるだけ現在の仕事を無理せず、ゆっくりと休養を取り自分の時間を大切にするようにしましょう。また普段の生活において育児や介護などといった重い家事と仕事を平行している人は、周囲の人と相談をしてできるだけ作業分担をするなどして、自分にかかる負荷を分散させて生活を工夫する事も大切です。できるだけ自分にとって無理のない生活習慣をおくるためにはどうすればいいのか、家族や身近な人と定期的に相談をする機会を設けるなどして生活の負荷の分散をする事も精神病予防には大切なのです。